忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こういう日記を前に書いていた。まぁ、公開今だけど。

こんにちは。そろそろ日記をがんばってみようという感じです。仰です。
……もし一週間に1回とかできるようになったら…もう…名前名乗らなくても忘れられてないよね…!

3月は好きなマンガとか小説とか(ラノベだけど。)が結構たくさん発売されてもう俺無双だよな!テンションの!

近状報告としては自分のPCが帰ってきました!ってことか。
おかえり。ぽんこつ ちゃん!

あと、前言ってたLinuxが失敗。どうも英語版入れてたみたいで、英語WAKANNNeeeee!\(^o^)/
おっと、取り乱したみたいだ。


見ない奴いると思うので先言っとく。後半に短編…ですらないけど小ネタ用意しといたから。気になったら見るといいとおも。



こっから自分メモ *読んだ本書き残すので注意だZE☆

「デュアン・サーク」

なんていうか…感動。この一言に尽きる。
まぁ、最後なんかやっつけ感あるような気がするけど。
ま、こんなもんだよな。的な感じではある。ロマンには欠けるけど。
さあ、早く続編出ないかな!蒼の聖騎士で!\(^o^)/
本命のフォーチュンこの終わり方だったら俺、しっくりこないけどだけど。←
フォーチュンは ま だ か !

「タロットのご主人さま」

終わったなぁ…短かった!
主人公最後誰ともくっつかないのかよ!っていう。
ギャルゲー仕様ではあったがおもしろかったわ。とくに最初に盛大に敷いた複線を何とか回収したのには吹いたww
明らかに一冊目の初めと違うよなそれwまあ、都合はついてるけれど。
ま、この本を一言で言い表すなら「パンチラがあればいいと思ってる」本、かな。
ダークフォースの影が薄すぎて…せめてそっくりな女の子とかにすれば最後までそっち目線で見れたのに←
ラスボスが出張りすぎかなぁ。

「オオカミと香辛料」

いつもの終わり方→終了。
まぁ、すでに熟練バカップルだからね。きれいにまとまってると感じた。
読み終わった後気持ちよかったもん。
俺的には終わり→○年後。ロレンスの手には太陽の金貨が…!とかでもいいとおもた。
そして隣には耳と尻尾ついた奥さんとかいれば幸せいっぱいって感じがしていい感じじゃないかとか。
後半2行俺の妄想だけど。

「夜は短し歩けよ乙女」

これ読むの疲れるわー。古風なんだよね。文が。
ただ、同じように古風な文だと思った『神様のカルテ』のがなんだか読みやすかった。なんでだろ(・ω・`)
報われない先輩ヘタレすぎっす。…何故終了してもくっつかないんだ…←
「お友達パンチ」は結構ツボです。やんわり握りこむ招き猫のような愛らしいこぶしに闘争本能など宿らない…だっけ?
あんま覚えてないけど。概要はあってるとおも。つまり親指を握りこまない拳のこと。
李白さんと樋口さんが何者かが激しく気になる本だった…とくに李白翁…くしゃみで台風起こすなんて…なにものなんですか…?

「死ねばいいのに。」

京極さんはお手本です!←
幽談とかは後味悪くてなんか好けないけど(てか作者それねらったんだろうがやっぱ好きでない。)こうゆうのは好き。
そして南極(笑)とかはまず何のパロディかわかんなくて投げた俺ゆとり世代…(´・ω・)、
ただ、京極先生は若者をちょっと好意的に見すぎじゃないかな。
確かに色々なことにアウトな方向で面倒がるけど(特に俺とか)基本的にみんな寂しがり屋よ?
あんまりかわんないかとおも。


図書館にいると読みたい本ばかりで困る。
今読みたいのは『ペギー・スー』おもろいのか。イギリスで大人気とかあるけどおもろいのか。
絵はあんまり好きくないけどなー


最後に今考えてる次のの話を。

本当は『彼女の、』を考えてたんだけど。数日前からなんかハイテンションな子が頭ん中居ついてしまって。

つられてテンションあがったんだよね。

概要をいうとホウエン育ちがある日フスベに引っ越してきたよ!から始まる野次馬RPGなんだけど。
もうひとつついでに言うと時間軸新旧ごちゃまぜ(もしくはリメイク版の)金銀で。

でもひとつネックがあって。

それは、『(ゲームの)主人公&ライバルの名前をこちら(俺)が決定する。』ってのと。
俺が考えてるストーリーでは『(ゲームの)主人公がしゃべる』という点な。

いままでたぶんこういうのを俺は書いたことない…と思うけど。(どうだったか…)
ジムリとか某悪の組織とか出てくるけど。そいつらの性格を俺が決定していいのかどうか…
…っていうかある程度そいつの言動で見当つけたりはするけど、こちらで付加する所もあると思うし…
うーん…注意書きして書くとか?かな。
むしろ書いて公表しないってのもアリだけど…書いたのを公表しないと勿体n…←


しかしゲ-ム内容うろ覚えなんだよな…もう一度やり直すべきかしらん。


証言1

読む前に注意。

・あそこは旧シオンタワーといってなくなったポケモンの霊をなぐさめるところだった。

・いまでもそこでポケモンの幽霊を見たという証言がある。この証言はそのことについてである。


-------


『男がニューシオンタウンビルで見た話だ。
 ニューシオンタウンビルに務めるその男は、その日仕事のミスで起きた残業により夜更けまで残っていた。
 そのミスはすぐに解決できるようなものではなく、男はその日、徹夜を覚悟したんだ。
 (面倒だ…)
 だが投げ出すわけにはいかない。
 明日も放送がある、ニューシオンタウンビルには定休日なんてないのだ。
 毎日、放送を待っている視聴者がいる。
 男は視聴者のためにもこの仕事を頬り出すわけにはいかない。
 だから男はずっと一人でがんばった。


 カチ、カチ、カチ、


 時計の音にふと我に返り、時計を見ると時計の短針は2の字をさしていた。
 「あぁ…(少しぐらい休むか。)」
 男は伸びをしながらそう決めると自動販売機がある廊下へと出た。
 温かいコーヒーでも買って、少しゆっくりしようと、そう思ったのだ。
 男が廊下でコーヒーを買っているとふと、目の端に何か通ったように見えた。
 (俺以外は全て帰したはずだけどな…?)
 そう、男は部下の責任をかぶってミスした部下を先に帰らせたのであった。
 男は気のせいだと思いながら、コーヒーのボタンを押した。


 ガコン


 鈍い音がして缶コーヒーが自動販売機から滑り落ちた。
 そのコーヒーを拾い上げようと屈んだ男の眼の端にチラリ。何か白いものが通ったのが見えた。
 (やっぱり勘違いじゃない…!)
 そこにはやはり何かいる。
 男はゆっくりと視界を上げる。
 それは―――

 ――――白く透き通ったマグマラシ、だった。

 マグマラシは伏し目がちにゆっくりと滑るようにして男の前を横切ろうとしていた。

 「あっ…」

 その光景に男は小さく驚きの声を漏らしてしまい、しまった。と思うももう遅い。
 マグマラシは立ち止り伏し目がちの目をまっすぐに男に向けた。

 不思議な目だったという。
 その眼は透明な光を湛えており、とても、澄んでいたと。
 不思議なことに、その眼を見詰めた男はなんだか怖くなくなったのだそうだ。
 きっと、あまりにも穏やかだったからだろうと、男は言う。

 男は数秒間そのマグマラシと向かい合った。
 マグマラシの向こうは確かに、透けていた。
 だが、男はそれ以上に気になることがあった。
 マグマラシが大事そうに持つ、小さな小瓶である。
 その小瓶は小さな明かりを受け、キラキラと光っていたという。
 男は尋ねた。
 その小瓶はなんだ、と。

 マグマラシは何も言わず小さな小瓶を振った。
 シャララ、となにかとてもきれいなものが零れるような音を聞いたそうだ。
 マグマラシは何も言わなかった。
 ただ、黙って、男の横にある窓の外を見つめていた。
 男が振りかえると、深夜だというのに明かりのついた家が見えた。
 そこに、小さな影が見えた。
 女だ、と気付くのに時間はかからなかった。
 何やら石の前で、女がひざまずいていた。女はヒノアラシを連れていた。
 キラキラと、女から何かが流れ落ちる。
 フッと気配を感じて男が前を向くと、マグマラシが目の前にいた。

 シャララ、

 小瓶の中身がなった。キラキラ、キラキラ。それは少しずつ、増え続けているようだった。

 (――――ああ、それは涙だ。)

 男がそう思ったとたん。
 パッと一度電気が消えたかと思うと、もうなにもいなくなっていたそうだ。



 そして後日。
 男があの日除いたあの窓から見える建物は、シオンじいさんの建てた”霊案所”であり、ニューシオンタウンビルは昔、ポケモンタワーと呼ばれた”霊案所”出会った。ということだ。』


----


*類似した話として。ニューシオンタウンビルにおいて腕に光る小瓶(または何か光るもの)を抱えたポケモンの噂はたくさんある。



証言2


その昔シオンタウンで悲しい事件が起こった。
カラカラをかばった母ポケモンが、人間の行いの為にしんだということだった。
その後カラカラは霊案所を営む家の女の子が拾ったようだった。


証言3


ニュータウンになって久しく、シオンタウンは活気に満ちあふれた町にあった。
車どおりの多くなったその道路で、一人の女の子がカラカラをかばって死んだらしい。
かばわれたカラカラの行方はようとして知れない。


証言4


とある霊安所にある女の子の墓には、たまに、真っ赤な彼岸花の花束が供えられているという。
だがそれはいつの間にかそこにあるらしく、誰によってささげられたのか、誰も知らない。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[09/13 aogi]
[07/28 仰]
[07/24 ぁぉヵヶ]
[06/20 アオギ]
[06/16 ぁぉヵヶ]

最新TB

プロフィール

HN:
深沢 仰
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
小説かき・絵描き
自己紹介:
夢とポケモンをこよなく愛します。
幼稚だなんていわせません、かわいいものはかわいいんだッ

バーコード

ブログ内検索